HAL'S BAR→TOP

腹巻き包帯オべべの作り方(胸部・メス犬用)


【準備するもの】
●Tシャツ ●別布(幅15cm長さ60cm位のニット素材)
Tシャツは襟ぐりの狭いものが良い。ハイカラーが最適。大型犬の場合、丈の短いチビTは不向き。
別布は長目に用意して、要らない部分は後で切り落とすかんじです。

(1)前身頃を左のように切ります。
これが犬の背中側になります。

(2)後ろ身頃を左のように切ります。
前身頃で切り残した部分が付いてきます。
これが犬のオナカ側になります。
着丈は、ギュッと引っ張ってもオシッコがひっかからないくらい。
ハルゾは65cm。足りない時は他の布を縫い足す。
襟ぐりが広いと引っ張った時にずり下がる。
開くとこんなかんじ

(3)前身頃の裾を折り返して縫います(赤い点線部分)。
ここにヒモを通すので幅は4cmくらい。
着丈は、ギュッと引っ張って犬の腰に来るくらい。
ハルゾは53cm。

*(2)以降は実際に犬の体に当てて様子を見ながら
縫ったり、切ったりしたほうが良いです。

(4)別布を後ろ身頃の裾に縫い付けます。
これがシッポに回すヒモになります。
青い線の部分を切ります(オナカのあたりは15cmくらい。
ヒモの部分は身体に合わせて様子を見てください ) 。
これが現物
汚くてすんません

久しぶりに着せてみました

(1)首に通します。

(2)背中でギュッと絞ります。

(3)シッポの下から回したヒモを、腰上の折り返し縫いしたところに通して縛ります。
何で着てるのかわからないハルゾウと、変なカッコの姉ちゃんを見るプーでした。

【反省と考察 】
 ●縫う部分は極力少なめに。まじめに縫うと縫い目で肌が擦れます。
   きれいに仕上げたい時はニット用伸縮糸で縫ってください。
 ●術後は出血や薬漏れの恐れがあるので、なるべく白っぽい色が良いでしょう。
   柄物や濃い色はお勧めしません。
 ●キクとトアにも何回か作りました。猫や小型犬はストッキングやタイツで出来ます。





©2001 HAL'S MOM All rights reserved.